2009年9月 4日 « トップへ » 2009年9月15日

2009年9月 7日

設備情報

ヒラカワの独自開発機器

●リスマチックシリーズ

HK1100HK1100HK1100-作業風景HK1100-作業風景HK1030kiriniki(4C)HK1030kiriniki(4C)FS1000(4C)FS1000(4C)

平河工業社はマイクロカメラのメーカーとして千代田区平河町で事業をスタートしました。

印刷用の製版カメラを造り、本格的に印刷業へと軸足を移してきました。リスマチックシリーズは、製版工程を自動化する自動面付け機能を持ち、特許も国内外43件取得しており世界でも唯一のオールインワンシステムです。「文化の根源は文字にある」、「情報の伝達・文化の継承」に貢献するという精神は創業当時から受け継がれてきています。 これらの機器は自動化だけでなく、製版・印刷コストを下げることに成功したシステムです。


AP1030_出_4C

高品質、単納期、低コストを実現した秀逸なシステムを世に送り出したのです。
印刷会社には必須の設備であるパンチャー。従来1版ずつパンチングする作業を自動化。更にトンボ描画もできる画期的なパンチャー。
生産効率が格段に向上されました。

プリプレス

アナログ

4台のCTP(Computer ToPlate)が稼働。
デジタル化の普及でWndowsやMacなどのデータ、様々なアプリケーションデータが入稿されます。ヒラカワはそれらのデータに幅広く対応しております。
最新の品質管理装置はカラー印刷を常に最高品質を維持することを可能にしました。

ハイデルベルグCTP
スープラセッター フジフイルム CTP 9800 CTP AGFA CTP アヴァロン N8
CTP

色校正のためのハイエンドのDDCPを導入。
本機校正に限りなく近い再現が可能になり、ワンランク上の色校正をご提供できる体制が整いました。

コニカミノルタ
デジタルコンセンサス Premium
Proof

特色インキをデジタル管理で造る「調色機」を導入しました。
各インキメーカーのカラーチップナンバーでも印刷物からでも正確に特色を造ることができます。無駄のない製造プロセスとデジタル管理で再版時の色再現も正確にできます。

東洋インキ 調色支援システム

プレス

世界で認められているドイツ・ハイデルベルグ社製のオフセット印刷機100台稼働。
単色機から2・4・8色機全てを同一メーカーの印刷機で統一し、標準化。品質への絶対的な信頼を約束します。
圧倒的な機械台数は、大量ページであっても確実に印刷が可能。少部数でも大部数でもフレキシブルに対応します。

SM102-8P 8色機SM102-8P 8色機SM102-4P 4色機SM102-4P 4色機単色機SORD単色機SORD単色機SORD単色機SORD
RYOBI印刷機

A3サイズの軽オフセット印刷機も14台稼働。
用途に合わせた、最適な印刷システムを設備しています。

アナログ

・HK1100
・AP1030
・HOPS


2009年9月 4日 « トップへ » 2009年9月15日